オフィスや病院での活用法

ウォーターサーバーは、本来業務用としてオフィスや病院などの設置されたのが始まりといわれています。
一般家庭に普及した今でも、オフィスなどでは有効に活用されています。
オフィスでは社員が手軽に水分補給ができたり、急な来客にも慌てることなくコーヒーやお茶を出せるというメリットがあります。
また、オフィスが給湯室から遠いとその都度飲み物を作りにいったり、お湯を沸かすのが面倒ですが、室内にウォーターサーバーがあれば手軽に飲み物を作ることができます。
病院などの医療機関では、待ち時間に患者さんが気軽に水分補給ができたり、入院患者さんがいつでもおいしい水が飲めるように、また薬を飲む際にも便利なようにと設置されています。
さらにスポーツクラブなどのスポーツ施設にも設置され、スポーツの後の水分補給に役立っています。
他にも近くに給湯設備のないイベント会場の来場者向けに、また工場や倉庫で働いている人の水分補給用などの用途でウォーターサーバーが設置されています。

ウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際にはいくつかポイントがあるので、おさえておきましょう。
水のボトルを宅配してもらえる地域は業者によって異なるため、まず始めに自宅やオフィスが配送指定地域かどうかを確認しておきましょう。
次に、ウォーターサーバーの大きさや機能について見ていきます。
自宅に設置する場合は設置場所の大きさを正確に計測し、スペースに収まるようなサイズのウォーターサーバーを探しましょう。
小さなお子さんや高齢者がいるご家庭ならケガをしないように安全面にも配慮した機能があるか、ウォーターサーバーを清潔に保つ機能があるかという点も調べておきましょう。
水の種類が豊富にあれば、日本各地の銘水をお好みでセレクトでき、選択肢が広がります。
また、設置費用や電気代などのコスト面もチェックし、できるだけ低コストな業者を選ぶとコストを抑えることができます。
他には空のボトルの回収の有無やキャンペーン、入会特典なども確認しておくと良いでしょう。

宅配サービスが利用できるか

ウォーターサーバーを自宅やスモールオフィスに設置したいと思ったら、まずは宅配サービスが利用できる地域がどうかをチェックすることから始めましょう。
せっかく気に入ったウォーターサーバーが見つかっても、宅配サービスを利用できなければまた探し直さないといけないため、必ず始めに確認して下さい。
ウォーターサーバー業者は全国各地にたくさんありますが、各業者ごとに宅配可能なエリアが決まっています。
大手のウォーターサーバー業者であれば全国各地に宅配システムを網羅しているため、大体のエリアには宅配可能ですが、地域指定している業者もあるのでしっかりと確認しておきましょう。
ウォーターサーバーを宅配地域別に紹介しているサイトもあるため、まずは自宅やオフィスのある地域に宅配してもらえる業者をピックアップしてみましょう。
さらに、注文からどのくらいで水が届くのかという配送期間などについても一緒に調べておくと良いでしょう。

サーバーの大きさと機能性

水の宅配サービスが利用できる業者をピックアップしたら、次はウォーターサーバーの大きさについて見ていきましょう。
ウォーターサーバーには床に置くタイプとカウンターなどの上に置く卓上タイプとがあるため、どちらを設置するかという事と具体的な設置場所を決め、スペースにきちんと置けるように大きさを測ります。
設置場所を測る際には、幅と奥行き、あと忘れがちな高さも正確に計測しておきましょう。
設置場所に収まるウォーターサーバーを選んだら、次にウォーターサーバーの機能に着目しましょう。
最近では様々な機能を搭載したウォーターサーバーもありますが、中の水を清潔に保てるようボトル内の水が減る際にボトルが縮んで空気が入らない無菌エアーシステムを採用していたり、ウォーターサーバー内を熱殺菌処理できるメンテナンス機能がついているものなど、衛生面に配慮した機能があれば安心です。
さらに色やデザインなども見て、自分の気に入るサーバーを見つけましょう。